珊瑚の保管方法

珊瑚の主成分はカルシウムであり、汗や酸に大変弱い宝石です。

珊瑚ジュエリーを使用した後は、正しいお手入れを行い、長く大切にして行けるようにしましょう。

珊瑚は、人間の歯とほとんど同じ、モース硬度3.5です。

特別硬いものではないため、必要以上にお手入れをしてしまうと、キズや破損の原因となってしまいます。

汚れがひどく、光沢が鈍くなったと思ったら、ご自分で研磨は行わず、必ず専門店に相談しましょう。

購入したお店に持って行ってみるのも良いかもしれません。

プロの適切な処置が必要になります。

ご自宅でのお手入れで、水を使用した場合は、水分をきちんと拭き取ってから3時間ほど自然乾燥させましょう。

珊瑚は多孔質な宝石のため、水分を完全に取り除いたつもりであっても、水気が残っている可能性があります。

珊瑚は、直射日光の当たらない場所で、他のジュエリーとは別に保管をしてください。

数珠や鼈甲が付属されているジュエリーは、虫除けの為にも桐箱に保管されるようお願いします。

高温の場所を嫌う生き物ですので、炎天下の車内に放置したり暖房器具の側に置いておかないようにしましょう。

宝石箱の中や保管場所となるところで乾燥材は使用せず、適度な湿度を保ちましょう。

珊瑚の希少性は非常に高いので年月が経過していてもコチラのジュエリーファンなどで高く買い取りしてもらえます。

Read More