珊瑚の保管方法

珊瑚の主成分はカルシウムであり、汗や酸に大変弱い宝石です。

珊瑚ジュエリーを使用した後は、正しいお手入れを行い、長く大切にして行けるようにしましょう。

珊瑚は、人間の歯とほとんど同じ、モース硬度3.5です。

特別硬いものではないため、必要以上にお手入れをしてしまうと、キズや破損の原因となってしまいます。

汚れがひどく、光沢が鈍くなったと思ったら、ご自分で研磨は行わず、必ず専門店に相談しましょう。

購入したお店に持って行ってみるのも良いかもしれません。

プロの適切な処置が必要になります。

ご自宅でのお手入れで、水を使用した場合は、水分をきちんと拭き取ってから3時間ほど自然乾燥させましょう。

珊瑚は多孔質な宝石のため、水分を完全に取り除いたつもりであっても、水気が残っている可能性があります。

珊瑚は、直射日光の当たらない場所で、他のジュエリーとは別に保管をしてください。

数珠や鼈甲が付属されているジュエリーは、虫除けの為にも桐箱に保管されるようお願いします。

高温の場所を嫌う生き物ですので、炎天下の車内に放置したり暖房器具の側に置いておかないようにしましょう。

宝石箱の中や保管場所となるところで乾燥材は使用せず、適度な湿度を保ちましょう。

珊瑚の希少性は非常に高いので年月が経過していてもコチラのジュエリーファンなどで高く買い取りしてもらえます。

Read More

ハリーウィンストンコレクションとショパールの歴史

ハリーウィンストンは、キングオブダイヤモンドと呼ばれるブランドです。

世界中のセレブリティに愛され、日本でも多くの著名人カップルがハリーウィンストンのエンゲージリングを選んでいます。

結婚を夢見る女性ならば誰もが憧れるジュエリーブランドです。

ハリーウィンストンの父、ヤコブはダイヤモンドの魅力を最大限に発揮する天才と言われ、1890年ニューヨークに宝飾店兼時計店を開業します。

幼少期より宝石を見分ける才能を発揮していたと言うハリーウィンストンは、父の下で15歳から働き始めました。

ハリーウィンストンは、現在では宝石ジュエリーから腕時計まで、ゴージャスで繊細なコレクションを豊富に取りそろえるブランドに発展しました。

ニューヨークの街を彷彿とさせる都会的でスタイリッシュな魅力あふれるデザインや、高精度な技術満載の機能性あふれるザ・アベニューコレクション、オーパスシリーズ、そして忘れてはならないのが豪華なダイヤモンドシリーズでしょう。

ハリーウィンストンの時計は全てスイスのジュネーブに構えた自社工場で生産が行われています。

時計という枠を超え、ジュエリーの美しさをそこに宿したハリーウィンストンのコレクションは、世界中で愛されています。

ハリーウィンストン買取専門サイトはコチラです。

ショパールの歴史

ショパールは1860年にスイスのジュラ山脈地方のソンヴィリエでスタートしたブランドです。

創業者は、ルイ・ユリス・ショパールで、自身の名を冠したブランドを立ち上げました。

実用性に富み、高い精度を誇る懐中時計と、ムーブメントは、ブランド創設後すぐに高く評価され、世間に知られるようになります。

現在、時計、ジュエリーを中心に展開しており、世界的な代表ブランドとして君臨しています。

時計製造については、1920年よりスタートさせており、それ以後精度の高い時計を作り続けてきました。

1963年には、ショパールの3代目となるポール-アンドレがドイツのカール・シェイフレにショパールの経営権を譲りました。

ここから、ショパールの高い時計技術と、ドイルの宝飾工業技術が組み合わさり、一流ウォッチ・ジュエリーメーカーとして、より高級感あふれるエレガントなデザインをもった時計が作られるようになりました。

1996年に開発したムーブメントLUCは、創業者、ルイ・ユリス・ショパールのイニシャルが名前の由来となっています。

ショパールの作品の中でも人気が高いのは、1976年に発表された2重の風防にダイヤモンドが入ったハッピー・ダイヤモンドや、L.U.C.などです。

価値が衰えないからこそ古いモノでもジュエリーファンなどで買取してもらうことが出来ます。

Read More